梨状筋症候群

殿部と下腿にかけての強い痛み。足部の筋力低下、つま先が上がらない。

 坐骨神経痛は「ヘルニア」でなくても起こります。
~症例.殿部の筋肉が坐骨神経を圧迫することで起こる坐骨神経痛~


【臨床的特徴】

 60代半ば痩身の男性。4か月前から片側の殿部とふくらはぎ外側に強い痛みを感じている。男性は数十年前に椎間板ヘルニアで坐骨神経痛を経験しており、今回のこの痛みは椎間板ヘルニアが再発してしまったせいではないかと初めの頃は思っていた。それと言うのも、当時は腰を曲げる動作やくしゃみで痛みが強く増悪されたのに対し、今回は全くそのようなことはないからである。
今回は足関節の運動にも支障が出ている。足を背屈(つま先を上げる動作)しようとしても全くといっていいほど動かすことができない。気を付けていなければ、少しの段差でもつまずいてしまうことがある。
 医療機関では椎間板ヘルニアではないかと言われ、牽引治療、痛み止め、ビタミン剤などの治療を受けているが症状に変化は感じられない。


【介入と結果】

 腰椎はやや後弯して見える。足指足の甲は、触れられる感覚が鈍く、ピンでつつかれること、振動を与えられることの感覚は識別することができないが、足底ではいずれの感覚もはっきりと識別することができる。背屈(つま先を上げる)はできないが、つま先で歩くような動作では十分に力が入る。腓腹筋と前脛骨筋(すね)に筋委縮が認められた。腰を屈める動作や下肢を挙上する動作で痛みは増悪しない。殿筋が硬く緊張しており、軽い押圧で強い痛みを訴える。

 施術は、脊柱及び仙腸関節、殿部の筋肉に対して行われた。施術後、殿部の強い痛みはほぼ消失した。中2日の2回目の来院の際、クライアントは足が多少なりとも動かせるようになったことをセラピストに伝えた。ピンでつつかれた時の感覚はまだ十分ではないが、足を触れたときや振動を与えられた時の感覚は十分に識別することができた。


【考察】

 この症例は「梨状筋症候群」が疑われます。第4. 5腰神経根と仙骨からの神経根が束になって構成される坐骨神経は、骨盤から大腿に向かう途中で梨状筋と呼ばれる殿部の筋肉の下縁を通り抜けるのですが、このとき硬く緊張した梨状筋が坐骨神経を圧迫することがあります。坐骨神経は感覚神経だけでなく運動神経も含んでいますから、神経の伝導が障害されると坐骨神経痛だけでなく、筋力低下、筋委縮が起こることがあります。
 この症例では、足の甲の感覚異常と足関節を背屈する前脛骨筋の筋力低下がみられましたが、これは坐骨神経の一部である腓骨神経が選択的に障害されたためであると考えられます。


img_10         img_10

 梨状筋症候群は椎間板ヘルニアで起こる坐骨神経痛と症状がよく似ていますが、発症機序は同じではありません。適切に自己管理をして行くためにも、椎間板ヘルニアとの鑑別は必要です。
 坐骨神経は、その名の通り坐骨のすぐそばを通っていますから、固い所に長時間座っていると組織が圧迫されるので症状を悪くすることがあります。特にクライアントのように痩身で殿部の脂肪が少ない人は、クッションを使うなどの工夫をされたら良いと思います。また、骨盤を後傾させた座り方は、殿部の血流を阻害してしまうため、坐骨神経痛を悪化させる要因にもなりますから避けなければなりません。「坐骨の部分」で正しく座ることも助けになると思います。


img_10

症例:「椎間板ヘルニアからの坐骨神経痛」もご覧ください。