脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

 腰部脊柱管狭窄症は、脊髄神経根や馬尾とよばれる脊髄神経の束が、それが納まっている脊柱管内で圧迫されることで起こる腰痛や下肢への痛み、間欠性跛行などに特徴付けられます。

 脊柱管は、ひとつの椎骨にある椎孔(下図赤枠)が連続してできたもののことをいうのですが、脊柱管の狭窄を起こすものとしては、先天的要因、または、椎体の圧迫骨折、椎間関節(青)の変性変化、黄色靭帯の肥大、脊椎すべり症、その他、骨肥大を起こすパジェット病などが挙げられます。

     img_10 img_10

脊柱管の大きさは姿勢による影響を受けます。

 腰を前に曲げたときは脊柱管の断面積の前後径は大きくなるのですが、反対に後ろに反らせた(伸展)ときは小さくなるので狭窄は強くなります。脊柱管狭窄症で歩行時に起こる下肢の痛みが、腰を丸めて休憩すると和らぐのはこのためです(これを間欠性跛行といいます)。

 骨盤帯の関節機能や筋肉の柔軟性を改善し、腰椎、骨盤を適度な中間位に保つようにする保存的療法は、症状緩和の助けになることがあります。


生活習慣を見直すことはとても大切です。

 脊柱管狭窄の背景にあるのは、主に椎骨の変性変化です(もちろん、先天的に小さいということもありますが)。
 椎骨の変性変化は、椎間板がつぶれて薄くなることから始まります。椎間板が薄くなると隣接する椎骨との間隔が小さくなりますから、椎間関節にも圧迫負荷がかかるようになります。圧迫された椎間関節は変形して脊柱管の中にせり出すようになります。また、脊柱管に裏打ちされている黄色靭帯は椎体間の距離が短くなっても、その長さはそのままですから、その分たるんだ黄色靭帯も脊柱管を狭くする要因になります。

img_10

 脊柱管の狭窄が、長い時間をかけてできたものと考えると、椎骨の変形を促すような負担のかかる間違った姿勢は見直す必要があります。

 加えて、不健康な食べ物、食事の仕方、過度の飲酒、喫煙、溜め込んだ精神的な疲労などの様々なストレスは、痛みの神経の感受性にも影響します。生活習慣を少しずつ改善して行くことも症状緩和にはとても大切なことです。

  *ただし、症状が切迫しているときや、排尿障害、排便調節障害、肛門周囲の感覚異常などの馬尾徴候が表れているときは医療機関での外科的治療が適応となります。

歩くことで増悪する下肢の痛み

【臨床的特徴】

 60代女性が1年前からの腰痛と両下肢の鈍痛を訴えている。鈍痛は特に右足部に強く感じる。腰痛は主に起床時である。下肢の痛みは歩いているときに増悪し、20分もすると歩けなくなってしまう。そのようなときは、腰を丸めて屈んだ姿勢でしばらく休むようにすると回復し、再び歩けるようになる。今までにも整形外科や接骨院などで電気を当ててもらったりしているが、症状に変化はない。

【介入と結果】

 右足部の触覚、振動覚の低下がみられる。拇趾伸筋と足部底屈の筋力低下が確認できた。下腿、足部の脈拍は左右対称にはっきりと触れることができる。 下部腰椎皮膚上に浮腫、軽い押圧で痛み、腰椎と仙腸関節の機能障害が確認できた。施術は腰椎と仙腸関節に対して行われた。

 施術後、起床時の痛みは軽減し、痛みのない日もだんだんと増えていった。10回までの施術の間に、歩行時の足部の痛みは起こることが少なくなっていった。10回目以降、歩行時の下肢の痛みは起こることがなくなった。全般的に下肢の痛みも減少している。しかし、足部には何か薄い膜に包まれたような感覚鈍麻が残る。

【考察】

 歩行を続けると下肢の痛みが強くなり、休まざるを得なくなる。休息すると再び歩けるようになる「間欠性跛行」は脊柱管狭窄症で特徴的な症状です。脊柱管狭窄症は、変性変化した椎骨や椎間板、黄色靭帯などが脊柱管にせり出して神経を圧迫することで起こります。腰部脊柱管は、構造的に伸展位で狭く、屈曲位で広くなる特性があります。起立姿勢では腰椎が軽度の伸展位に置かれるため、歩行時に脊柱管内で脊髄神経が擦れてこのような症状が起こるとされています。腰を丸めて休息すると回復するのは狭まった脊柱管が広がるためです。 脊椎分節の機能障害(いわゆるズレ)は、変性変化で狭くなっている脊柱管をさらに狭くする要因になります。

 脊椎分節の退行変性は、ある日突然に生じるものではなく、腰椎にかかる過度の力学的ストレスが長い時間をかけてだんだんと生じさせたものです。ですから、痛みの原因になっている腰部だけでなく、頸椎、胸椎を含めた脊柱の調整をして脊柱全体のバランスを良好に保つことは、立つ、座るなどの日常生活での正しい姿勢の習得を可能にします。腰部の力学的ストレスを減らすことは、それ以上の退行変性の発達の予防にもつながるはずです。

 脊柱管狭窄症は必ずしもカイロプラクティックの禁忌症ではなく、症状緩和の助けになることがあります。正しい姿勢、筋肉のストレッチ、軽度の運動などで自己管理することも必要です。脊柱管狭窄症が疑われる場合は、一度整形外科を受診することを勧めています。




症例:歩いているときに起こる下肢と肛門周囲の殿部のしびれ


【臨床的特徴】

 50代男性が歩いているときだけに起こる左下肢と殿部のしびれを訴えている。 しびれは、太もも後ろ内側から腓腹および足底に、そして肛門を中心とした同心円状の殿部にも起こる。わずかにだが右の太ももにもしびれが起こる。
症状が起こるまでの歩く距離はまちまちであり、それは100mのこともあれば、1㎞くらいのこともある。

 下肢のしびれは約10カ月前から始まった。医療機関を受診し、椎間板ヘルニアと診断され牽引治療などを受けていたが症状に変化が見られないため受けることを止めてしまった。それから数カ月して、下肢だけでなく肛門周囲の殿部にもしびれが起こるようになった。これまでに整体などを受けてみたが症状は変わらなかった。

 クライアントは、日常生活で座ることも前屈みになることも問題なくできる。肛門周囲の殿部に症状が起きてから排便や排尿に異常がでるといったことはこれまでにもない。


【検査と評価】

 正常な腰椎の前弯は見られない。下肢の知覚や深部腱反射、筋力検査は正常であった。下肢を挙上すること、椅子に座ったり腰を屈めることも症状を誘発することなくスムーズに行える。椎間板ヘルニアで起こる坐骨神経痛症状は確認できなかった。足の動脈の拍動は左右対称に触れることが出来た。

中心性の脊柱管狭窄症が疑われた。クライアントには医療機関に行き、下肢だけでなく肛門周囲にもしびれがあることを医師に伝えるよう助言した。


【考察】

 脊柱管狭窄症は間欠性跛行と呼ばれるしばらく歩いたときに生じる下肢へのしびれ・つっぱり感に特徴づけられます(椎間板ヘルニアではむしろ歩くと症状が緩和することが多いです)。
変性した椎間板や変形した骨、弛んだ靭帯が脊柱管にせり出すと下半身に向かう腰神経、仙骨神経を圧迫するようになります。

img_10

 脊柱管の狭窄が外側部分だけなら圧迫される神経は下肢だけですが、この症例のように下肢だけでなく肛門周囲にも神経症状が表れるということは、より広い範囲で中心部分の脊柱管が狭くなり複数の脊髄神経が圧迫されていることを示唆しているのでより深刻です。肛門周囲の知覚を伝える仙骨神経には、排尿や排便を司る自律神経も含まれていますから、これらの神経圧迫で排尿・排便障害を起こすことがあるからです。

img_10

 カイロプラクティックのような保存的療法は、脊柱管狭窄症の症状緩和の役に立つことがありますが、この症例のような肛門周囲の感覚障害がみられる場合は(たとえ切迫した状況ではなくとも)、ダラダラと民間療法を続けるのではなく、まずは整形外科などの医療機関を受診することを勧めています。