肩の痛み・手指の痺れ

肩の痛み・手指の痺れ

【臨床的特徴】

 30代男性が肩甲骨から上腕にかけての痛み、および母指と示指のピリピリとした痺れを訴えている。3週間前に寝違えをしたことがきっかけだった。今までに寝違えは度々起こすことはあったが、このような痛みは初めてである。症状は日毎にひどくなっている。痛みは仕事などで重い物を持つときに増悪する。整形外科では変形症ではないかと言われた。現在は鎮痛剤で対症している。

【介入と結果】

 頚椎の屈曲や回旋運動で上腕への放散痛と手指の痺れが誘発された。上部胸椎には顕著な可動制限が確認されたが、頚椎には不安定さを感じた。
 施術は上部胸椎と腰椎骨盤に対して行われた。施術後、肩甲骨~上腕への痛みは軽減した。手指の痺れは消失した。4回までの施術で、クライアントは9割方まで改善したことを実感している。5回目の施術の後は、仕事中も痛みが起こることがなくなった。

【考察】

 上腕への放散痛や手指の痺れは、頚椎での神経圧迫により起こることがありますが、頚椎の不安定さが感じられるときは、頚椎のいわゆる土台の部分に当たる胸椎の機能障害を改善することが良い結果につながることがあります。脊椎分節の可動制限は、代償的に隣接する脊椎分節の可動性亢進を引き起こすからです。可動性亢進を起こした不安定な脊椎分節は退行変性(いわゆる変形症)を招くようになります。痛みが無くなった後の脊柱安定性のためのリハビリテーション的ケアも必要です。

img_10

手指の痺れ、後頚部・胸背部痛を伴う

【臨床的特徴】

 50代女性が右手指(第3、4指)の痺れを訴えている。痺れは10カ月ほど前から始まった。一日を通して常に痺れている。

【介入と結果】

 クライアントは頭部を前方に突き出し肩甲骨を挙上させた、いわゆる「肩に力の入った姿勢」をしている。胸椎後弯は亢進(円背)して見える。 胸椎の柔軟性が著しく欠如しており、またそれに加えて自律神経の関わる複数の不定愁訴が存在したため定期的な施術を提案し、クライアントも承諾した。

 施術を開始して約4週目から手指の痺れは感じない日も表れるようになった。15週目からは痺れはほとんど気にならなくなり、18週目には完全に消失した。それ以降の再発はない。

【考察】

 手指の痺れの訴えがある場合、カイロプラクティックでは主に頚椎での神経圧迫に注目しますが、手指に向かう神経は頚部での筋肉(斜角筋)、第一肋骨と鎖骨の間、そして小胸筋の下を通り抜ける部分で圧迫されることがあります。 これらの部位での神経圧迫を「胸郭出口症候群」と呼ぶことがありますが、それを引き起こす原因として脊柱の力学的異常、すなわち"姿勢の悪さ"が挙げられます。


img_10

 この症例のように、頭部を前に突き出して背中を丸めるような姿勢は斜角筋や小胸筋の過緊張を強めて手指に向かう神経を締め付けることがあります。また、慢性的に浅く速い呼吸の仕方は、肋骨の挙上を常態化させ神経の通り抜ける鎖骨と肋骨の間隙を狭めるかもしれません。 ですから、骨盤帯を含めた脊柱全体のアライメントを修正することは、神経の通り道を確保することと同じことといえます。

img_10

 神経圧迫による手指の痺れは、施術後早期に消失することもありますが、この症例のように神経圧迫の期間が長い場合は、損傷した神経線維が修復するまでに少し時間がかかるかもしれません。 症状を"やっつける"のではなく、日常生活での正しい姿勢や、過緊張した筋肉のストレッチなどをしながら損傷した神経を"育てる"つもりで自己管理して行けばきっと良い結果に繋がるはずです。