逆流性食道炎

 逆流性食道炎は、背中が丸まることで胃が圧迫されることも要因の一つです。脊柱のバランスを保ち、姿勢を改善することは症状緩和の助けにもなります。


症例:みぞおち辺りのつるような不快感

  • img_10

【臨床的特長】

 60代の女性が仰向けから起き上がるときの胸背部痛とみぞおち辺りの緊張感を訴えている。クライアントは10年前頃より逆流性食道炎を患っており、それによる嘔吐のせいで、夜に何度も目が覚めてしまう。これまでにも医療機関で処方された薬を服用しているが、あまり改善がみられない。特に、ここ1週間は毎晩嘔吐があり、喉がヒリヒリと痛い。
みぞおちや胸背部の症状は胃からきているかもしれないことを訝っている。

【介入と結果】

 胸椎の弯曲は中部では亢進していたが、上部の方では減少し前方に傾いているように見えた。1回目の施術で胸背部の痛みとみぞおちの症状は軽減した。施術後3日間は嘔吐することはなく、4日目の夜間には再び嘔吐するようなことがあったが、改善傾向にあることをクライアントは感じている。施術を受け始めて1ヶ月現在、背中の痛みは軽くなり、嘔吐する回数は1回だけであった。その後は1ヶ月に1度のメンテナンス施術を続けており、次第に嘔吐のない月も増え、良好な状態を保っている。

【考察】

 背中が丸まるとお腹が圧迫されるため、胃の内圧も高くなり、胃酸が逆流しやすくなることが知られています。
  過度に背中が丸まらないように背骨を調整することは、逆流性食道炎の症状を軽減する助けになると考えます。 そして、施術で調整した背骨の固有受容器からの正常な入力刺激は、脳幹にある食道蠕動運動を支配する神経細胞の活動の助けになるとも考えています。加えて、クライアント自身も、自分に合う食べ物、合わない食べ物を積極的に見つける工夫をしたことも症状の改善につながったのだと思います。 逆流性食道炎では左を下にして横になると症状が軽減することもあるので、試してみるのもよいかもしれません。