自律神経の不調

 頭痛やめまい、立ちくらみ、慢性的な疲労感、よく眠れない、動悸、呼吸の苦しさ、胃腸の不調、下痢や便秘などなど、自律神経の不調にもカイロプラクティックのケアは効果が期待できます。

 カイロプラクティックは腰痛や肩こりといった筋骨格の問題だけを扱う手技療法と思われがちですが、実はそうではありません。カイロプラクティックの本来の目的は、その症状いかんに関わらず神経の伝達を妨げている脊椎分節を手技により修正することです。

 体にはもともと、健全な状態を維持しようというはたらきがありますから、神経伝達の障害が取り除かれさえすれば、筋骨格の症状だけでなく自律神経に関する症状も改善していくと考えているからです。腰痛などをきっかけにカイロプラクティックを受けるようになった人からは、自律神経症状も改善されることがよく見られます。筋骨格の問題も自律神経の問題も、どちらも根は同じなのです。

 自律神経の不調による症状は多岐にわたります。その症状一つひとつに対症していたのでは、とても大変です。
副作用の心配のいらないカイロプラクティックのケアを試してみてはどうでしょうか?お気軽にご相談ください。



   img_10
 


≫次のページへ長いですが、よろしければお読みください。