腰痛

~痛みは身体がそれをつくりだす状態にあるからです。鎮痛ばかりでなく脊柱機能の改善にも目を向けることが大切です。~

  • img_10

 ほとんどの腰痛は脊柱の力学的異常で起こります。
片方の手でもう片方の手指を軽く反らせてみてください。始めのうちは何ともありませんが、段々と指が痛くなってくるはずです。

脊柱の力学的異常というのもこれと同じような状態と思ってください(背骨を構成する椎骨は24個もあるので、それが少し複雑になるだけです)。

 では、どうすれば痛く無くなるでしょうか。

この状態で痛み止めを飲んでもあまり効きそうにありませんよね。指を反らせている手を離してしまった方が話しは早そうです。

 姿勢の乱れは腰部骨盤周りの筋肉や靭帯、そして椎間板や椎間関節にも無理な負担をかけるようになります。これらの組織を傷めると、傷めた箇所より遠く離れた下肢にも痛みを起こすことがあります。これを「関連痛」というのですが、椎間板ヘルニアで起こる坐骨神経痛と痛みの走行が似ていますが、同じではありません。


 脊柱の力学的異常の背景には筋骨格の機能障害があります。ここでいう機能障害とは、関節の動きのぎこちなさや、筋肉が十分に伸び縮みする機能が低下していることを指します。

・関節の可動域は正常であるか?
・筋肉の柔軟性は十分なのか?

ということはMRIやレントゲンなどの画像診断では分かりづらいことです。
よく話を聴いて、観て、触って、動かしてみて初めて分かるものなのです。 たとえ画像検査で椎間板ヘルニアや変形した関節が確認されても、痛みは椎間板ヘルニアによる神経痛ではなく、機能障害のある組織が痛みの発生源ということもあるのです(もちろん、その重複も考えることができます)。

【坐骨神経痛に似た殿部から太ももにかけての痛み】≪こちらもご覧ください。

img_10

①椎間板ヘルニアで起こる坐骨神経痛
②殿部筋群からの関連痛
③仙腸関節からの関連痛

 医療機関で変形性関節症と言われても、可能な範囲で関節の可動域を回復させることは、痛みの緩和につながります。関節の動きが悪くなると発痛物質が滞るからです。それは筋肉でも同じです。
 椎間板ヘルニアなら、そこに過剰な負担がかからないように背骨全体のバランスを整えていくことが大切です。ヘルニアは同じ所にばかり負担がかかるから起こるのです。
  痛みの部位を鑑別して、そこに負担がかからないように姿勢を改善していけば、腰痛はきっとよくなって行くはずです。



鎮痛ばかりに目を奪われてはいけません

img_10

 「腰痛」というものは、まことに耐えがたく辛いものですが、痛みを抑え込むこと、すなわち「鎮痛」ばかりに目を奪われてはいけません。
腰痛は痛み止めを飲んだり、あるいは何も治療を受けなくとも自然に消失していくことがあります。ですが、これは”治った”のではなく、無意識のうちに、傷めた腰の部分に負担がかからないよう全身の神経筋骨格の機能を低下させた結果であるかもしれないのです。言うなれば、後ろ向きの好ましくない身体適応です。

 これら神経筋骨格の機能が低下すると、腰痛を再発しやすいばかりでなく、傷める度に状態がひどくなる可能性があります。繰り返すたびに身体の機能は低下することになりますから、まさに悪循環です。

 痛みがひどいときは「鎮痛」に注力することも必要ですが、腰痛は、悪循環させないためにも、できるだけ早い段階で機能の回復、すなわち、正常な神経の伝達、関節の滑らかさ、筋肉の柔軟性、そして正しい脊柱力学的状態(良い姿勢)を取り戻すことと、自己管理に必要な正しい知識を身につけることが大切です。

【参考図書】Meridel I. Gatterman, カイロプラクティックマネジメント 1996, エンタプライ株式会社 Craig Liebenson,Rehabilitation of the Spine 2007, Lippincott Williams & Wilkins



≫スマートフォン対応、ベルワンカイロ腰痛ウェブサイトに移動

症例と施術方針

 筋肉、関節、骨組織、靭帯、椎間板、神経痛、退行変性(変形性)「腰痛」と一言でいっても痛みの発生源は様々、管理の仕方が異なります。

1. 急性腰痛(ぎっくり腰)
≫急性腰痛は慢性腰痛に移行させないためにも、できるだけ早い段階で神経筋骨格の機能回復を目指すことが大切です。

2. 椎間板ヘルニア(椎間板障害で起こる坐骨神経痛)
≫椎間板の損傷は繰り返すたびにひどくなる(傷口が大きくなる)可能性がありますから、痛みが無くなった後の機能回復(リハビリテーション)ケアと自己管理の仕方を学ぶことはとても重要です。

3. 殿部の筋肉が原因で起こる坐骨神経痛(梨状筋症候群)
≫殿部の筋肉が坐骨神経を圧迫することでも坐骨神経痛は起こることがあります。椎間板ヘルニアとは管理の仕方が少し異なるので、原因部位を鑑別することはとても重要です。

4. 坐骨神経痛に似た痛み
≫椎間板ヘルニアでなくとも腰痛、下肢の痛みは起こります。

5. 脊椎圧迫骨折で起こる慢性腰痛
≫脊椎圧迫骨折は高齢者の方の腰痛でよくみられます。椎体への圧迫ストレスがそれ以上大きくならないようにケアすることが大切です。

6. 脊椎分離・すべり症
≫脊椎に反復したストレスが加わることで発症します。

7. 脊柱管狭窄症
脊柱管の狭窄の原因になる脊椎分節の退行変性は力学的異常を背景に長い時間をかけて形成されてきたものです。鎮痛ばかりでなく、それ以上変性が進行しないよう脊柱の力学的異常を改善することが大切です。

8. 坐骨滑液包炎

≫椅子に座るとき、歩くときに起こる殿部の限局した痛み。

10. 大腿外側の痺れを伴う腰痛
≫外側大腿皮神経の絞扼。